大野智 ラジオ 嵐DISCOVERY 10/25 嵐とは?

今日も、水辺の音のBGMから始まります。。。

番組10周年記念!

大ちゃんと!
【栗ちゃんのぉ~♪】
(ちょっと抑揚のある言い方で…)

(笑)船上~トーク~!!

変えてくるなぁ~

【はいっ!毎回ねっ。やってます。】

毎回、変えてくるなぁ~

ええ。

【今日も、屋形船の…】

ええ。
屋形船の上で、いきましょうよぉ~

【もう、大ちゃんが乗るんだったら、
一番大きいのを出すって!】

いや、もういいよぉ~、そう言うのはぁ…。
ホントにっ。

【120人乗りに…】

そこに10人って…。

【はいっ。】

ふふふふふふふっ。

すごっ、120人も乗れんのが凄いよ、これ。
うーん。

【よく、FM横浜も、これ、イベントやらせて頂いてるんでんですよ。】

あ、そうなんだ。
ああ…。

【そうねんですよ。トークライブとか。】

あっ、なるほど。

あ、それでも使ってるんだぁ…。

【そうなんですよ。】

はい、じゃあ、いきますよ。

【はい、と言う事で。】

はいっ。

【今日のテーマはですねぇ、大野智にとって、】

はい。

【嵐とは?】

おぉっ!
来ましたねぇ~

【なかなか聞けないですよっ。】

ふっへへっ、いや、まぁ、ね。
なかなか言いませんもんねぇ。

ええ。

嵐とは。

いやもう、今。
もう、分かりやすく言ったら、
家族でも無い、友達でも無い、仕事仲間でも、もう無いんですよ。

【ええっ?】

もう一個の、枠が出来たって感じ…。

だから、普通の人には、味わえないじゃ無いですか。

グループで、何十年も居るって言う…。

【確かに。】

だから、なんか、自分の中で一個…
家族は、家族。
友達…。
でもなんか、一個、「嵐」って言う枠が…。

【はぁぁぁぁぁ。】

だ、最初の頃は、仕事仲間って言うのは、あったんだけども。
もう、ここまで来たら(笑)
仕事、仲間でも無いなって言う。
うーん。

【それって、あれですか?
もう、メンバーの全てを知り尽くしてるとか、
そう言う事では無いんですか?】

ま、細かいとこまでは、知り尽くしては無いと思うけども、
この、5人で居るって言うの。
それは、離れる事は無い。

離れる選択肢が無い…。
な、なんて言うの?

【あ、なるほど。】

も、これ…

【運命共同体としても…】

そうって言う感覚…。

【この先の変更…っとか、そう言う事も】

もう、一切無いって言う…。

感じかなぁ。

なんか、不思議な感じ…。

【その、嵐っていうものが、こう、大っきくなってきたじゃないですか。】

はい。

【これに関しては…】

いや。

【どうですか?大っきくした、それとも大きくなっちゃった、
大きくしてもらった。】

してもらったと、なっちゃった、じゃないですかね。

【ああ、なんか…】

いや、なんか…

【控え目な二つを選びましたね。】

いやぁ…いきなりなったぁ、感じがしますよもう。
いきなりと言うかぁ…。

【紅白歌合戦の司会…あっ、おめでとうございます。】

ああぁ、いえ、いえ、いえ…。

それすら、ビックリです。

【だから、トップスターって事ですからね。
紅白…僕、僕、基本的に、司会って言うのは、僕の方が本業で、
憧れですからね、紅白の司会って。】

だっ、もうねぇ、正直ねぇ、なんでぇ?って話し。
司会なんて、やった事もないし…
ふっ、俺、俺、やっちゃぁ、ダメじゃんと思ってんだよ、未だに。
ふっふっ。

【いやいやいや、そこがまた、魅力なんでしょうねぇ。】

いや、いや、だからもう…ホント、ファンの子…と、もう、
周りの人たちが、持ち上げてくれてる…って感じ…。

【今や、ジャニーズのファン、嵐のファンだけじゃ無い、
嵐になってる訳ですよね。】

いやぁ~、もう、よく分かんない。
あ、もう、ずーっと、地に足がついて無いんですよ。

ここ、2、3年。

そんな感じです。

だから、夢、夢見てるみたいなんです、毎日。

【今、今更ですか?】

いや、もう、ずーっと。
なんか、俺、こんなんで、ホントに、いいのかな?って言う。
言う感覚…ずーっと。

【え、こんなんでいい…って?
こんなんでいいに決まってるし、頑張ってもらいたいし…
そのままでも居てもらいたいし。】

だから、よく、もう、ホントに、よく分からない。

【な、なんで?分かんない?何が分かんない?】

ふふっ、ホント、分かんないんだもんっ!

(二人同時に)
ふっははははははははははっ。

ホントに分かんない。

なんつうのかなぁ?

よく、もう、なんか…
「あっ、嵐の、大野さんです。」

も、もう、やめてぇ~って思う、そんなの。

「大野さん、入りまーす!」とか、
ホント言わないでぇ!と思う。

【(笑)じゃ、どう言う言い方がいいですか?】

いや、もう、そっとしといてって。

よく、あのー、スタジオ入る時、
「はいっ!大野さんは入りまーす!!」って言う、
ああ言うのが、もう嫌で…。
いかに、こう下向いて、バレ無い様に行くか…。

【逆にそこで力入っちゃったりして。】

そう。

【目立たない様に…。
やっぱ、大ちゃんらしいなぁと言う感じがしますんで…】

いや、いや、いや、いや…。

【じゃあ、あのー、宙に浮いてる感じの、このままで、
しばらくまた、私達を楽しませて下さい。】

(笑)いやいや、なるほど。
じゃ、ずっと浮いときますわぁ…分かんないから。
ふっはははっ。

はいっ。

以上 大野智でしたっ。

(リクエスト曲♪パレット♪)

今日も栗原さんが話してましたので…
『何本分か録らせて頂いた中で、かなり突っ込んで
色々聞かせて頂いた回をお届けしたと思いますけど。
宙に浮いてる、地に足がついて無い感覚って言うのは、
あの、何となくわかる様な気がするというか、
大舞台が毎日、次々と矢継ぎ早に来るので、息をつく時が無い
って事なんじゃないでしょうか。
果たしてそれがいいものかどうか?って言うのを、
多少なりとも大野くんは自問自答してるんじゃないのかなぁ?
って言う感じがするんですけど。
でも、最後ね、宙に浮いたままでいいからそのままでいて下さいね
って言ったら、「分かりました」って、そこは、ためらって無かった
事が、みなさんにとっては、頼もしく思えたんじゃないかと言う風に思います。』


アイドルやってても…電車で仕事場に通ってる頃は、
まだ、ごく普通の生活に近い感覚を保つ事が出来たと思うけど。。。
今は、全く無いとは思わないけど…
その、自由が制限される事は、多いと思う。
ふわふわした気分が…
どうも、居心地がいい場所とは、感じて無いんだろうね。
でも、嵐でいる限り…5人でいる限り。。。
自分を見失う事は無いだろうから…安心だな。
嵐で無くなる事ないって受け止めていいんだよねっ♪
まだまだ大きくなるのか?
そろそろ…落ち着いてくれるのか?分からないけど。。。
これからの嵐って?どうなるんでしょうねぇ~
ふふっ、こっちまでなにが言いたいのか分からなくなってきた(笑)

チビの文化祭でも覗いてきます♪

いつもありがとうございます♪
関連記事

*コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

        
*プロフィール

REI

Author:REI
どうも…REIです♪
ちょっといい年のママさんです♪

☆REI…大野君を溺愛中!

REIのつぶやきの中に
よく出てくる娘たち…

☆ねーちゃん(大4) 翔くん担
☆チビ(大2) にのちゃん担

親子で嵐のファンです♪

大野君のラジオ番組を書き止め
たいと思って始めました。
が、日々の出来事なんかも
チラチラとつぶやいてます。

お気軽に、コメントなど
残してくれたら嬉しいです♪

        
*最近の記事
        
*最近のコメント
        
*リンク
        
*月別アーカイブ
        
*カテゴリー
        
*カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
        
*FC2カウンター
        
*ランキング&拍手
訪問して頂き、ありがとうございます。 ご覧頂いた記事の拍手ボタンをポチッ! として頂くと参考になりますので、 ぜひ拍手ボタンにてお知らせ下さい♪
        
*****ZERO****
        
*お役立ち♪♪
        
*お役立ち♪♪
        
*お役立ち♪♪
        
*Amason.co.jp!
        
*Google♪
        
*只今!FREETIME中☆
現在の閲覧者数: