FC2ブログ

相葉さん舞台「グリーンフィンガーズ」感想!

相葉さんの舞台「グリーンフィンガーズ」の感想と言うか、
ストーリーを思い出しながら書きました。

「繊細でピュアな演技をする人」だな、と言うのが印象です。

音楽や、照明、周りの役者さんなどが居て、
素敵な場面が展開されて行くのですが、
私が、見た感じは…こうでした。
と言う事を書いてるので、間違ってる所もあるかと思います。

その辺は、ご了承ください。
ちょっとでも、雰囲気が感じられれば…と思います。


実話を元にしたお話で、映画にもなってますので…
興味のある方は、映画を見てみるのもいいかもしれませんね。

「奇跡は起きる。
でも、本当は、誰の胸にも植えられている種が、
水と栄養を得て芽を出しただけの事。

それは奇跡と呼ぶにはあまりに当たり前のことかもしれない。」


まだ、これから大阪公演もありますので、
内容は続きに書きますね。
では、良かったら読んでみて下さい。


始まった時は、照明は暗くならなかったかな?

ステージの説明からした方がいいかな?
中心に大きな木があって、木の周りに丸く柵がしてあって、
柵の中に男性が3人。
どうやら、音楽を演奏してる方達で、一人はギターなどを弾き、
もう一人は、チェロ?等の弦楽器。
それから、残るお一人は口でリズムなどを奏でる人。
何て言うんですか?リズムボックスを口で表現する人なんですよ!
(パンフには、ヒューマンビートボックスとなってました。)
ちょっとビックリじゃないですか?
生演奏なんですよ!!
しかも、3人って…凄いと思ってね。
物語と同時に、そっちの演奏も気にしつつ見てました。


円形をいくつかに仕切って、場面により回転してセットが変わるんです。
署長室、食堂、部屋、中庭(運動場)…それから仕事を頼まれたお家の庭、公園。
そして、最後はコンテストに出品した庭園。
等々、色々な場面へと変わりました。

イギリス郊外。
塀のない開放型刑務所、エッジヒル。

まずは、刑務所の署長室の場面。

監視の厳しい刑務所から、塀の無い刑務所に送られてきた4名の優秀な囚人?
って言うのかな?このまま刑期を全うすれば、仮釈放が待っている人達。
その4名が署長室に来る所から始まりました。

相葉さん演じるコリンは、人生を諦めていて、誰とも心を開こうとしない役。
所長室でも部屋のはじっこ(一番客席側)で、うつむき加減に立ってました。
でも、ちょっとその立ち姿は素敵でしたよ。
服装は、囚人服。と、言ってもシマシマ模様ではありませんよ!
ベージュ?の作業着上下に中は、グレーのTシャツ?かな。
フルネームで呼ばれ「コリンでいいよ。」と、まず最初のセリフ。

そして、自分の部屋のシーン。
同室には、平さん演じる、年老いた囚人ファーガスが。
ファーガスは、部屋で花を育ててる人。
このファーガスがきっかけで、コリンが今後ガーデニングとかかわる事になるの。
ファーガスが色々と話かけてくるんだけど、とってもうっとうしそうにしてるコリン。
「何で、一人部屋じゃないんだ!今までずっと一人だったんだ!!ほっといてくれ!!」
って感じなの。
でも、ファーガスは自分が読んだ本の事や、仕事は何にする?と話しかけてきます。
話しかけながら、花に水をあげたりして。
そして、ビルメンテナンスだけは辞めとけって助言しました。


この刑務所は、何をしても自由で、途中たばこを吸うシーンもありました。
きっと、誰もが釘付けになったシーンだと思います(笑)

何をするのも自由だけど、社会復帰を考えて、ここでは必ず仕事を
持たなければいけないと言う決まりがあります。
コリンも仕事を決めなければいけないのですが、
彼は「ここを出たら仕事があるだけマシだ。何でもいい!」と署長さんに答えたら
ファーガスの助言にもあった、ビルメンテナンスに決まってしまいました。

後に、ファーガスとの会話で、ビルメンテナンスはホントにキツかったよ。
って言ってる場面がありました。
ビルメンテナンスって「トイレ掃除」のことなんですって。


そして、ファーガスが何日も部屋に戻らない日があって、コリンは気になってたのね。
ファーガスの花に水をあげたりして、少しずつ心の変化があったんだと思う。
看護師さんがファーガスに頼まれた本を取りに来て、抗がん剤治療で入院してた事を知る。

食堂で、クリスマスパーティの場面。
にぎやかなクリスマスソングかかかってて、家族も面会に来てますが、
コリンの所には誰も来ないようです。
そして、ファーガスがコリンにクリスマスプレゼントと言って、小さな袋を渡しました。
(花に水をあげてくれた事へのお礼だそうです。)
コリンは「こんなの受け取れない。プレゼントなんて貰った事がない」って言ったと思う。
ファーガスに返そうとしたけど…結局うけとり、ズボンのポケットにしまった。

そして、部屋を出て庭に一人。
煙草を吸おうとライターを探してる時にかな?さっきの小さな袋を見つけて…。
捨てたのね。
でも、もう一度拾って、中を見たら種だったの。
「こんなの育つもんか!」って、その場に足で軽く穴を掘ってバラ蒔いて…。

・・・この場面、ホントに煙草を吸ってました。大人の男なんですね…似合ってましたよ。


春になって、ファーガスにあの時の種は何の種だって聞いてね…
「バイオレット…ダブル・バイオレット」って言う花の種でした。
スミレ?パンジーみたいに見えたけど。

でも、捨てたってファーガスに言ったら、探そう!って、運動場を探したら
紫色の花が咲いてたの。
コリンは感動してたみたい。花なんて咲かないと思ってたから。
捨てたも同様の種が、芽を出し、花を咲かせたって事で、生命って物を感じたみたいです。

その時、他の囚人が走って来て、花を踏んだの。
そしたら、コリンが「俺の花を踏んだな!」って感じで怒ってケンカになって大騒ぎしてたら、
監視員が飛んできて(ピピピピーってホイッスルを吹きながら飛んでくる)
署長さんも来て… 花を踏んだ事を説明したら、ここに花を咲かせるのは難しいんだ!
って感心して、コリンにガーデニングの仕事をする様にと署長が任命したの。

コリンとファーガスと同期の3人が加わって、コリンのガーデニング生活が始まる訳。

ある日、コリンが参考にしているイングリッシュガーデンの本の著者である、
田島さん演じるジョージナ・ウッドハウスと、その娘プリムローズ(いとうあいこさん)に会うの。
ウッドハウスはコリンの作った「野草庭園」を褒めてくれた。
囚人たちを怖がりつつも、「何をしてここにいるの?」的な興味も示す、ちょっと笑いを
誘う役。服装も毎回派手で、出てくるたびに笑いを起こす人。

そして、コリンの事を草木を育てる才能を持った「グリーンフィンガー」の持ち主だって
言ってくれたの。

ウッドハウスさんの提案で、彼女が頼まれている仕事をコリン達囚人に任せてくれて、
彼らは、塀の外へ仕事をしにいく出掛けるようになりました。

ある日、ウッドハウスとプリムローズが彼らの仕事ぶりを見に来た時、
プリムローズとコリンが二人で話をする場面があって…
(もしかしたら、この会話はもっと前の、刑務所で会った時にしたかも知れないけど。)
私は、パパに似て不器用で、ガーデニングも苦手…。
名前も嫌い、プリムローズ…サクラソウよ。
それに対してコリンが、
「でも、きれいな名前だよ。似合ってる」…みたいな会話があったの。

そして、プリムローズがちょっと手伝ってみようかな?的な感じになってね。
コリンが苗を手に取り「こうやって、思いっきり引っ張って!」って、
見本を見せる様に、苗を引っ張ったら、ステージの上に、ポーン!って
、苗の一部が飛んじゃって…。
「あっ!」って、コリンが言っちゃって…ヤベー的な顔しながら笑ってたから、
会場中が笑ってて、かわいいアクシデントだった。

その後、コリンが赤いバラの花を1輪切って、プリムローズに渡したの。
(バラには色によって意味がある…って話をした記憶があるの。
君のお母さんの本に書いてあったって。でも、黄色のバラは別れ…ってのしか覚えて
無いんですけど、赤はきっと愛情か何かだと思います。)
何となく、二人は意識している様に思えたけど、あれって告白の場面だったんですね。

そして、コリン達が庭作りをしているお宅で盗難事件があって、その犯人が囚人達の
中にいるって疑われて、犯人を捜すんだけど…分からなくて。
署長室に呼ばれて、犯人が名乗らなければ、全員元の刑務所に返す…。
いつの段階だったかな?イギリスの大きなガーデニングの大会「ハンプトンコート」
に出場できるって話になったんです。
でも、この事件がきっかけで、その大会にも出られなくなるって。
顔の長い奴が犯人って話で、なすびさん演じるトニーが犯人だと、
みんなから疑われるんだけど、本人はやってないって言うの。
コリンも、トニーを疑って、無言のまま部屋を出て行ってしまうの。
その後、トニーは脱走してしまう。

ファーガスは、だんだん体調が悪くなり、仕事にも行けなくなってました。
ある日、コリンに自分の犯した罪の話をしました。
酒を飲むと人が変わり、3人の妻を殺したと言う事。
自分は一生ここから出る事は出来ない。
そして、ここで気持ちがだんだん変化して行った事などを話した。

(花や木を育てるのに必要なのは優しい心だ、お前にはその心がある・パンフレットより)
何でコリンの様な優しい青年がここへ来なければならなかったのか、話してみないか?
と聞くのですが、コリンは急に態度が変わり、話したくない!と言ったきり口を閉ざしてしまう。


コリンは、真面目に刑を全うし、もうすぐ仮釈放と言う事で、聞き取り調査の場面。
ピンスポットが当たり、質問に答える。
かなりの長ゼリフもあり、何かね?前向きな言葉を話してたんだけど、覚えてないの。
その場面は、とっても良かったよ。
「自分は、犯した罪をずっと背負って生きて行く…」見たいな事も言ってた様な事も、
言ってた様な?

セリフが終わり、反対側から車いすに乗ったファーガスが来て、
「二度と戻ってくるな」って言うの。
そして、こいつを外に連れて行って欲しいって、ハイビスカスの鉢植えを渡したの。


場面が変わって、私服姿で公園に現れるコリンとプリムローズ。
(渋めのグリーン色のジャケットを着た青年の格好。)
どうやら、プリムローズと交際している様で、母のウッドハウスさんも気に入っていて、
色々とお世話になってるみたい。
でも、まだ二人の事は母には話せないでいる感じ。
気持の優しい青年とは言え、殺人を犯した過去は消せないからね。

花屋で働いてるみたいだけど、配達ばかりで思う様な仕事ができず、
ちょっとイライラしている見たい。
この、公園の手入れも「なってないな!」って文句を言ってました。

プリムローズが、前に盗難事件があった時の犯人が、そこのお手伝いさんだったと
言う事が分かったから、みんなに連絡してあげてって、話してた所へ母が来て、
今年の「ハンプトンコート」に出場できることになったって言うの。

コリンが、刑務所に電話をすると、
「囚人達は喜ぶんだけど、お前がいなきゃ出来ないよ。
(冗談ぽく)傷害事件でも起こして戻って来いよ!」って言ったら、
コリンも「悪くはないな…」って。会場も(笑)

そして、その後「ガシャン!!」ってガラスが割れる音だけして…。
椅子の上に、黄色いバラと手紙が…。
プリムローズが、手紙を広げると…コリンが手紙を読む声が流れ、
「ゴメン…やりたい事がある?」って言う内容の謝りのと、
「二度と君が、黄色いバラをもらう事が無い様に…愛を込めて」
って内容だったと思います。
(それが、さっきのバラの話だったんだな…って思いました。
黄色いバラは、別れ。
何か、悲しい別れだなぁ…でも、プリムローズは理解してるのかな?って思いました。)

場面が変わり、刑務所。
署長と、刑務官がソワソワと待っている。
きっとコリンは、まっ先に庭に来ると思い庭で待っている。
「ガラスを割った傷害事件と黄色いバラを盗んだ罪」でコリンは、刑務所に戻ってきた。
ホントなら戻ってきたら、みんなから馬鹿にされるはずなのに、
みんなよく戻ってきたなぁ…待ってたよ!(笑)って、歓迎してるの。
笑いが起こった場面でしたよ。
あの、「二度ともどって来るな!」って言ったファーガスまで「良く来たなぁ…」みたいな(笑)

同じ時、内務大臣が刑務所を訪れ、私が考えたガーデニングプランがあるって言いだして、
「岩石庭園」岩がゴロゴロする庭園のプランを置いてくの。
岩も用意するとか言って…みんなはやりたくないんだけど、刑務所の運営も大変で、
あまり逆らう事は出来ないみたいで…仕方なく、岩石庭園を造るんだけど…。
こんな事をするために戻って来たんじゃない!みたいなね。感じなの。


ある日、ファーガスが「もう、長くはない。あの世まで…
あっちの世界までちゃんと持って行ってやるから、
何があったのか、話して見ろ!」ってコリンに言うの。
コリンは、自分がどうしてここへ来る事になったのかを話し始めるの。

ある日、家に帰ると、彼女が他の男とベッドに居る所を見てしまった。
その男とは、自分の弟だった。
コリンは、「カッ!」となって、弟を殴り殺してしまう。
…そして、その日から両親も口をきいてくれなくなった。
二人の息子を一度に亡くしたんだから、当たり前だけど…と。
取り返しのつかない罪を犯してしまった事を、ずっと背負って生きてきた事。
写真も、小さい時の物を1枚しか持って無い…。
可愛い弟にそんな事をした女性も許せない…?
言葉にしてたかどうかは忘れたけど、私はそんな風に感じたんですね。
悪いのは、彼女の方だって思ってるのかな?ってその時は、そう理解したんですが…。


…僕は、いつか誰かを愛せる様になるんだろうか?


泣き崩れるコリンを凄い表情で見るんですよ、ファーガスが。

ベッドの上で遠くを見る彼の目から涙がこぼれるの。
そして、ベッドから降りてコリンを抱きしめたのかな。
ファーガスの演技に涙しちゃいました。
ちょっと遠くて見えにくかったから、双眼鏡で見たんだけど…
それはもう、すごい迫力でした。


その時、火事を知らせるサイレンの音が聞こえて…。
コリン達がコンテストの為に作っていた庭が全焼して。

場面が変わり、「ファーガスが死んだって…夜中に急変して、コリンが看取ったよ」って、
囚人達が話してる。
ファーガスとずっと一緒にいる囚人で、コリン達の庭づくりも邪魔してた人。
だけど、ファーガスとは親友だったんだ!って、涙する。
みんながファーガとコリンの部屋へ行く。
ファーガスは解剖のために、もう姿はなかった。
ファーガスが居なくなったベッドの上に腰かけるコリン。

もう、コンテストまで時間がないのに焼けてしまい、間に合わない。
辞めてしまおうか!!って言うコリン。
あんな、張りぼての岩石庭園を造るくらいなら、燃えてしまってよかった。
「こんな時、ファーガスならなんて言うかな?」
・・・俺たちの庭を作ろうよ。
「野草庭園」そして、残された時間の中で、頑張る事を約束した。

今まで、庭作りに協力しなかった囚人達もたくさん手伝ってくれて、
草木も、外の人達に販売していたものを、事情を話して貸してもらおう!
って、みんな活気づき…「ハンプトンコート」のコンテストに間に合うように
庭が完成した。

劇中、何度か庭を作る時にあったシーンなんだけど、
苗を手に、みんなで並んで、踊りとまでは言わないんだけど、
軽くステップを踏むシーンがありました。

コンテストの当日、舞台は一面、コリン達が作った庭になりました。
後ろに大きな木と石で出来た、丸い橋。古いバイク、ファーガスのかかし、
数々の野草等などで作られた、コリン達の理想の庭でしょうか。

コリンと囚人達が完成した庭の前で、「岩石庭園のイチゴを食べたのは僕らだ!」
何かを壊したのも僕等…って、懺悔大会になってて…。
コリンも「実は、煙草の吸殻を岩石に投げ捨てたのは、ボクなんだ。
あんな物、焼けてしまえばいいと思った。」って。
張り子で作られた岩石を焼いたのは、コリンだったと言う事。(笑)


そこへ、ウッドハウスさんとプリムローズも到着し、脱走したトニーが家族を連れて来ました。
(トニーの事に触れてなかったけど、刑務所にボランティアに来ていた子と恋に落ち、
刑務所にいる間に子供まで出来てました…いつの間に?って話ですが、
それ位、自由が許される刑務所って事を言いたかったのかな?と思います。)

そして、コンテストが始まりました。
残念ながら、コリン達の庭はグランプリを取れませんでしたが、
彼らは満足していたようです。

コリンとプリムローズは再会し、コリンは「僕は間違っていた…」みたいな事をいいます。
半年ぐらいでここを出れるから…
そうしたら、やり直したい…様な事を言ってたかな?

二人は抱き合って…その場は、それだけでしたよ。ハイ。

お芝居なんだし…もう、ちょっと…ねぇ(笑)とも、思ったけど…。
二人のピュアな感じが爽やかで良かったかも。

コリンがまた、誰かを愛せる日が来て良かったな…って思いました。


女王陛下が野草庭園を作った囚人達に会いたいと呼ばれて行く所で話は終わりました。


ファーガスと出会った事により、捨ててしまっていた人生を取り戻したコリン。
一緒にコンテストには来る事が出来なかったけど、ファーガスと一緒に作った庭。
囚人とは言え、一緒に信じ合い、励まし合いながら仲間との信頼すること、
純粋な心を持った大切な人との出会い。
忘れがちな物を思い出させてくれる、とてもあったかい気持ちになれるお話しでした。

関連記事

*コメント

レポありがとうございます

なんか、、良いお話ですね!!
本当に気持ちがあったかくなる感じで....私好みのストーリーです
最初は舞台でガーデニングってすごいなぁなんて思ってたけど、それに生演奏もあるなんて想像以上の舞台なのかなぁってますます見たくなりました!!笑

タバコの所本当に吸ってたんですか!!
タバコのシーンあるのは、聞いてたんですが、吸ってるふりをしてるのかなと思ってました
大人の男ってタバコ吸ってる所見てみたいです

レポを見て一番気になったのは、平さんの演技ですね!!
グリーンフィンガーズで初めて平さんの存在をしったので、どんな演技をするのかわからないんですが、一度は見ておきたいなぁって思いました
いつか舞台を見れる機会があればいいなぁ

レポ本当にありがとうございました!!
見に行けないのですごく助かりました

奏さんへ

こんにちは♪
コメ、ありがとうございます。

ストーリーも知りたいって言って下さったので、
頑張って思い出しながら書きました。
読んで頂けてうれしいです。

音楽と演技が凄く合ってて、贅沢だなお芝居って思いましたよ。
嵐さんのスケジュールも忙しい中、
生の舞台を続けるのって大変なんだろうけど…
もっとたくさんの方が見る事が出来るといいなって思います。

大人の男のイメージって、スーツを着てたり…
お酒の入ったグラス片手に煙草を吸ってたり…
車の運転がウマかったり…そんな感じ無いですか?

もう、とっくに大人の私が言うのもなんですが・笑

いつもは明るい相葉さんが、煙草を吸ってるシーンは、
充分に男の魅力が感じられましたよ。
健太の喫煙シーンとはまた、違った感じですね・笑

平さんの演技は、私も初めて見ましたが…
やっぱり、ベテラン俳優さんって凄いですよね。
非公開コメント

        
*プロフィール

REI

Author:REI
どうも…REIです♪
結構いい年のママさんです♪

☆REI…大野君を溺愛中!

REIのつぶやきの中に
よく出てくる娘たち…

☆ねーちゃん(社2) 翔くん担
☆チビ(大4) にのちゃん担

親子で嵐のファンです♪

大野君のラジオ番組を書き止め
たいと思って始めました。
が、日々の出来事なんかも
チラチラとつぶやいてます。

お気軽に、コメントなど
残してくれたら嬉しいです♪

        
*最近の記事
        
*最近のコメント
        
*リンク
        
*月別アーカイブ
        
*カテゴリー
        
*カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
        
*FC2カウンター
        
*ランキング&拍手
訪問して頂き、ありがとうございます。 ご覧頂いた記事の拍手ボタンをポチッ! として頂くと参考になりますので、 ぜひ拍手ボタンにてお知らせ下さい♪
        
*****ZERO****
        
*お役立ち♪♪
        
*お役立ち♪♪
        
*お役立ち♪♪
        
*Amason.co.jp!
        
*Google♪
        
*只今!FREETIME中☆
現在の閲覧者数: